2007年09月20日

ビデオって撮った後どうしてる?

子供の動きのある思い出を残したくて、せいやの入学式の直前に買ったビデオ・・

それまでは保育園の運動会や行事ごとは保育園がビデオを撮ってくれて少し高いけれど買っていました。

家でのお出かけはほとんどがカメラ・・
写真のアルバム数は市販のポケットアルバムが今、20冊近くあります。

動画で残したいと思って使い出したビデオ。

そのときはまだDVテープが主流で今のようなHDやDVD−R、メモリースティックやSDカードのようなメディアではなかったのでDVテープに撮ってはDVDに焼いて撮っては焼いてとしていました。

1本DVテープを撮ればパソコンに読み込み、今度はパソコンや、DVDレコーダーでも見れるようにファイル変換。その後焼き付け。

なので1本につき1時間としたら、3時間かかります。

一昨日からアクセクしながらDVDを作ろうとしてましたが、
少しでも早くできるか?時間の短縮ができないか?読み込みと同時にメモリーも増やしているパソコンで他の作業が出来ないか?

などなどしていましたが・・・

読み込み途中でテープのブランク(隙間)を終わりだと思って勝手に、読み込みが終わったり・・

DVDに出来た1枚をコピーでダビングできないか?などしていると
見たことも聞いたこともないエラー(巡回冗長エラーなど)が出たり・・

合間にメーカーに電話して、エラーの内容を聞いたり、他の方法を聞いたり・・

すると、やっぱり時間をかけてしないと、パソコンでは書き込み書く任が出来る(再生できる)けれど、DVDレコーダーで再生が出来なかったりという不具合が起きるそうです。

ファイル変換も良く考えて選択しないと、パソコンでは見れるけれど、DVDで見れなかった・・(DVDデコーダー専用にリビングのDVDラックに置きましたが・・)

1本をDVDにするときに、保存用にもう1枚に焼きます。
なので1本で、取り込み1時間、ファイル変換1時間、焼きこみ2枚で2時間。合計4時間(単純計算)かかります。

せっかく撮ったビデオみないで置いておくのはもったいない!
せっかく撮ったのにね。

今回はあいなの運動会が平日だったのでせいやがいけずに見れなかったり、実家の親がせいやの運動会に来てて、午後のデモストレーションも見たかったのですが、田んぼの仕事があり見れませんでした。

なので少しでも早く焼いて見せてあげたかったのです。

急がはまわれ・・・じゃないけれど、
時間をかけるところと、省くところ、あるんですね・・

特に動画が簡単なコピーではいけずになかなか難しそうです(^^;;

ビデオの仕組みまでは分かっていませんが、ファイル形式で全然違うこと、時間をかけないと、余計にエラーが起きたり、再生できなかったりと・・・するそうです、

またまた学びました。
時間をかけないとできないこと。

育児でも同じかなって・・(^^;;
いっつも早く早くって言い過ぎて・・・

子供たちにごめんなさいですね・・(-_-;)

少しはのんびりできるように気をつけなきゃ。
早いのが良くて、遅いのがだめっていうことではないのですね。

ビデオも無事?焼くことも出来ました。(-_-x)
疲れたけれどいい学びになりました。

そうそう合間にシルクフラワーでのアレンジメントに行って来ました。

続きを読む
posted by tyaki at 06:47| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする