2008年07月31日

プリザーブドフラワー

ポケット淡路の編集会議と、メンバーの方の指導でプリザーブドフラワーを作ってきました。

会議は、9月号に載せるために「淡路島」を愛する人たちを取材しようとなりました。

どんな人たちが登場するか楽しみに待っていてください!(^^)v

午後のプリザーブドフラワーはとっても本格的!



普通のばらのつぼみの花があります。


DSC05408.jpg



その花をプリザーブドフラワーと作るためのA液というものに、入れます。


DSC05395.jpg



これは花の色素を脱色、脱水するためです。
(実際には8時間ぐらいつけて置きます)

8時間たったものをB液につけます。(これは着色するためで多種類のB液があります)
約一日つけておくと・・


DSC05410.jpg


こんな感じに綺麗な色が付きます。


DSC05413.jpg



さらにこれをA液(B液の油分を取るため)にさっとつけて(つけすぎると脱色が始まるので注意!)乾燥させます。



それを使ってアレンジメントをします。



DSC05420.jpg


今回の材料

花材
ばら3色     各1本
あじざい2種類  各1本
かすみそう    2本
ライスフラワー  3本

その他材料
シサルアサ    少々
ワイヤー#22  2本
ワイヤー#26  3本

グリーンワイヤー#22  1本 (葉っぱ用)
リボン      20センチ

オアシス(白)

器(白いピアノの形の入れ物)


DSC05418.jpg




花材すべてにワイヤを通して、フローラルテープで巻きます。
(この作業が一番大変かな。。)

葉っぱにも葉とくきの部分の間をワイヤーで縫うようにさして折り曲げて、またフローラルテープで巻きます。

シサルアサをオアシスの側面にまきつけてえ器にいれて、
花材を入れていきます。

ワイヤーが見れないように、あじさいなどで足元を隠しながら入れていきます。

出来上がりはこんな感じかな!


DSC05421.jpg


私はブルー系で作りました。

別の人は、紫やピンク系で色鮮やかに!


DSC05423.jpg


DSC05430.jpg


メンバーの子供には少し小さめの可愛い入れ物で。。


DSC05426.jpg


小学校4年生が作りました。
みな上手に作っていました!

私もプリザーブドフラワーは何回かしたことありますが、やっぱり花で何かを作る、花で表現するっていいですね!

教えてくれた人の展示会が今日まで文化会館であります。
少し見てきました。


DSC05346.jpg


DSC05351.jpg


DSC05363.jpg


DSC05361.jpg


DSC05375.jpg


DSC05367.jpg


DSC05380.jpg



とっても綺麗な花たちの展示でした!

花はやっぱり心を和ませて、豊かにしてくれます!

posted by tyaki at 06:53| 兵庫 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブリザの作り方ってこうだったんだ!
初めて詳しく知りました。
やっぱり手間の分、買うと高いよね・・・
ブリザは数年そのままもつし
アレンジが多彩でかわいいので大好きです。
私も今3つ家に飾ってます♪

でも素人でもこんなに上手にできるんですね〜
講習とかあったら行ってみたいのだけど。。

Posted by まよんが at 2008年07月31日 20:24
へぇ。
おもしろいなぁ〜〜〜。

夏場は生花はすぐ枯れちゃうものねぇ(^_^;)
涼しげやし、かわいく出来たね!!
Posted by みぃ at 2008年07月31日 22:14
まよんがさんありがとうございます。

やっぱりプリザードフラワーは高いです・・(^^;;
今回は仲間内だったので安くしてくれたそうですが、本当は結構な値段になるそうです。

やっぱり手間かかっているものね。。

今回作ったブリザードフラワーはスコットとブルックのお土産にあげました!

ピアノの好きなブルックに!
とっても喜んでもらえました(^^)v


みぃさんありがとうございます。

涼しそうな水色、青私の好きな色でまとめました(^^)v

この時期本当に生花の枯れるのが早い・・

一日家にいて冷房かけていたら大丈夫なのかもしれないけれど、結構でかけるので、帰ってきたら家の中は蒸し風呂状態・・(^^;;

もう少し涼しくなってほしいなぁ。。

いつもありがとうございます。
Posted by tyaki at 2008年08月10日 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック