2006年10月13日

これからの地域に必要な事

昨日は文化会館の生活創造の講習会に行ってきました。

「外から見た淡路島」と題してNPO法人神戸まちづくり研究会の野崎さんの講演を聞きました。

これからの地域を担うのは「まとめる」力のある人。住民と行政の間に入って住民の意見を十分に聞き、まとめ行政に訴えることのできる人。

また新しく住民になった人と古くから住んでる人とのコミュニケーションをはかるためのアイデア、そういう知恵のある人がこれからは期待されるそうです。

昔から住んでる人の地域に新しい人が移り住んできます。
閉鎖的にならず、また昔から住んでる人も新しく移ってきた人も同じ地域に住むのだからお互いに尊重して住みよいまちづくりをお行っていけることが大事だと話されていました。

いい勉強になりました。

午前中は文化体育館での1ヶ月ぶりのヨガでした。朝は早めに家の事を済まし、ヨガの先生のピタティスの練習に参加しました。

ヨガとはまた違う呼吸法でゆがみとバランスの調整をしてくれるエクササイズです。ヨガに行きだして1年あっという間でしたが体重も減り、脂肪も取れて嬉しくなっています。

ヨガも続けたいと思いますが、先生が練習したピラティスもすごく興味があります。健康と美容のために本当に色々な事にチャレンジしている先生の刺激もあり、私も習おうかなって思っています。

健康で元気に過ごしたいですからね・・(笑)

午後は文化会館講習会、その後保育園にお迎えに行き、ばたばたと一日過ぎました。充実しているのでしょうね(^^)V
さあ週末なにしようかな?(笑)


今日も一日いいことがたくさんありますように!!
posted by tyaki at 06:56| 兵庫 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「外から見た淡路島」のような客観的な意見はとても参考になりますよね。
物の考え方は人それぞれ違って当たり前、でもそれをまとめる「人(または団体)」が必要なのでしょうね。
行政の人も同じ住民なのに組織に入ると考え方が変わってしまう、または住民の気持ちを忘れてしまう事が多いように思います。何が大切な事なのか考えるきっかけになってくれればいいですね(^o^)
Posted by ひでちゃん at 2006年10月13日 17:53
ひでちゃんありがとうございます。
そうですね。最近まちづくりや、活性化が多く事業として出ていると思います。人と人との関係を高め、地域住民が住みよいまちにするのはそれをまとめていく人が重要な人物になるように思いました。そういう人ってどういうことをして、どんな経験を積むことが必要なのでしょうね・・色々な役をしてきてる方もたくさんいますが、いつも何かを役をさせていて、大変な思いをされていることも多いことでしょ・・だからこそ若い人とか、今まで役などをされていない人でもまとめていくことを経験することで新しい「まちづくり」に活躍できるようになればいいのになあ・・って私は思いました。
Posted by ちゃき at 2006年10月14日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック