2006年10月20日

稲刈りパート2

晩生の稲の稲刈り大きな田んぼ3つだけ残ってました。そのうち一番大きな田んぼをコンバインで借りました。

親が手刈りでコンバインが入れるスペース刈ってくれてたのでスムーズに刈り始めることができました。

今回は大きい田んぼと、藁立てまで手伝い1時から4時過ぎまでしました。午前中ヨガに行っていたので足や体中が痛かったがさらに藁立てで体を使ったので筋肉増進になっただろうか・・

一段落がつき、用事もあったので後は親に任せて帰りました。米を作るにしても大変な労力がかかるんだなって・・

いくら機械化したとしても、機械を入れるために手狩りや、機械を購入しても維持(メンテナンス)も必要。昔は竹と、木の枝で馬をつくりそれに稲をかけて干して、また乾いたときに田んぼに行き、別の機械で藁ともみを分け、それを乾燥させて、藁は牛に、もみはもみすりしてくれるところまで持っていっていたような・・・

大きな池の近くの田んぼなんでよく家族総出でこの田んぼは手伝っていた気がします。
機械化して稲刈り自体は2時間ぐらいで終わります。早くなったなあ・・・・

機械化して少しでも楽に農業ができるようになるといいのにね。今年最後の稲刈り手伝い終了(予定)。お疲れ様でした・・・


inetabahoshi2.gif


PAP_0033.jpg



朝一旦那が出張で子供たちを乗せて行き、家に戻って家の事を済まし出かけました。ヨガでしっかり汗を流し、体中の筋肉を使い、運動してきました。

ヨガが終わり、携帯を見ると着信履歴が。。親だったので連絡すると、午後から手伝ってほしいと・・

予定もなくゆっくりする予定だったのでまあいいかなって・・いきました。稲刈り終了後、この前の取材の時に撮った写真に写っている人の名前の確認に行ってきました。

その後、おばあちゃんの用事で洲本に行き、お迎えが初めて6時前になりました。回りは暗くなってて、そうた、ゆうかは保育園でアンパンマンのビデオを見ていました。

帰りに、実家に行きやっと終わったビデオのダビングを渡して、お母さんの書類整理をてつだい、あいな、せいやからのお迎えコールが着たら実家を後にして迎えにいきました。

家に帰って晩御飯を食べ、早めに子供を寝かせるようにして私は一人ゆっくり「コトー診療所」を見て寝ました。本当はDVDで「スーパーナチュラル」「デットゾーン」が着てたのですが、旦那が出張で見れないので今日見るつもりです。そう思って寝ていたら夜中に旦那が帰ってきてました・・(笑)
帰ってきてたけど、朝から車なしなので乗せていくことになりそうですが。。。(-_-;)



今日も元気に笑顔で過ごしましょう(^_^)v


posted by tyaki at 06:45| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お米作り大変ですよね。
日本人にとってお米は特別なもの。
昔からお米の豊作を祈り、いろいろなお祭りや文化・風習を育んできたのですから。
お疲れさまでした(^_^)v
Posted by ひでちゃん at 2006年10月20日 16:26
ひでちゃんありがとうございます。
そうですね。日本人にとっては大事な主食のお米。最近私もお米を沢山食べるようになりました。日本人にあった主食の米。大事に育てて大事に食べたいと思いました。
ありがとうございます。
Posted by ちゃき at 2006年10月21日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック