2015年05月27日

Personalカラー診断

パーソナルカラーとは?
直訳すると「個性の色」。
自分に似合う色のグループがある。
その人の「個性」=「魅力」を引きだしてくれる色がパーソナルカラーです。
例えば、似合う色を身につけると、 
 ・肌が輝いて、透明感が増して見える
 ・若々しく、生き生きと見える
 ・シミやシワなどのマイナスイメージを目立たなくしてくれる
 ・顔立ちを立体的に見せてくれる
 ・自分の演出したいイメージを実現させる
などの効果が得られます。

逆に似合わない色を身につけると、疲れて見えたり、老けて見られてしまったり・・・
それは着ている服の色のせいだったのかもしれません。

人の肌も一つの色と考えると、色の配色に相性があるように、 肌の色にも調和する色と調和しにくい色があります。人間の肌の色は同じ日本人であっても、一人一人すこしずつ違います。

肌色だけでなく、髪や目の色や質感、骨格や顔立ちといった要素もその人の似合う色を決定づける要素なのですから、まさにパーソナル。似合う色とは「個性の色」なのです。

春(Spring)夏(SUMMER)秋(Autumn)冬(Winter)の4つに分けられます。

昔一度ナフシャでのイベントでカラー診断をしてもらったことがあります。
でも・・・自分の好きな色はどちらかと言えばSUMMERなんですね・・
なのでもう一度してもらいました。


color-1.jpg


色々な色のドレープを顔したに当てて顔映りをチェックしていきます。
すると自分がどのタイプなのかわかってきます。
もちろん好きな色が自分のタイプではないときも・・(^^;;
でも好きな色でも少し薄い色、濃い色では自分に似合う色も変わってきます。

春タイプは。。。
濁りのない明るい色(yellow・light・vivid)キュートで華やかなイメージ、イエローが少し入った明るい鮮やかな色、透明感のあるカラーグループ
夏タイプは。。。
穏やかな明るい色(blue・light・soft)エレガントで上品なイメージ、淡いブルーが入った明るい柔らかい色、パステル調の優しいカラーグループ
秋タイプは。。。
暖かみのある色(yellow・deep・soft)シックでナチュラルなイメージ、イエローが強く入った深みのある抑えた色で、柔らかく暖かいカラーグループ
冬タイプは。。。
鮮やかな色・モノトーン(blue・deep・vivit)シャープで華麗なイメージ、ブルーが強く入った深い色と原色で極端に薄く冷たい色と濃く強い色のカラーグループ


色の持つ印象
赤→晴れやか・行動的
オレンジ→カジュアル・スポーティー
黄色→親しみ
緑→若々しさ・落ち着き・健康的
青→冷静・爽やか・上品
紫→エレガント

また色味にはイエロートーン(warm)とブルートーン(cool)があります。
明るさはlight(明るい)とdeep(暗い)
鮮やかさにはvivit(高彩度の色と清色)とsoft(低彩度の色と濁色)

やっぱり?私は春タイプでした(笑)


meiku-2_r.jpg


meiku-3_r.jpg


春カラーの私に似合う色はこれ!
今回は尼崎のソレイユ新藤先生にしていただきました。
(ここソレイユでは毎月たくさんの講座をしています。カラー診断以外にも英会話、折り紙ワークス・グルーデコ・トールペイント・簡単アクセサリーやウクレレ、カルトナージュ・書道にピアノ・レッスンなどなど盛りだくさん!(一度HPをみてくださいね。。)



色彩コミュニケーション 〜ママの気持ちが楽になる〜 (オンデマンド (ペーパーバック))
新藤 初子
ギャラクシーブックス (2014-10-10)
売り上げランキング: 3,576



(本も出してるすごい先生だったのですね・・(^^;;しらなかった・・・)

カラーでこころ軽やかなに過ごせるといいなぁ。。
カラフルが好きな私(笑)
色々な似合う(とされる色を)着てみようかな。。o(^o^)o

また花と色を組み合わせたアレンジメント教室も淡路にはあります。


hanaen-4_r.jpg


花縁の久子さんは素敵なセンスの持ち主!
毎回色々なテーマにアレンジをしていきます。
私も淡路に居る時はいってたけど、なかなか行けれなくなりました・・・(^^;;

是非目に止まった方は行ってみてください!
楽しいそして自分の知り高めるアレンジメントが出来ますよo(^o^)o
posted by tyaki at 15:42| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック