2016年06月01日

今日から6月。。

今月は消防団で水防訓練があります。
雨の多くなってくるこの時期に、しっかりと訓練してもしもの時に備えれるようにしっかり学んできます。

沖縄が梅雨入り、そして今年は例年より早めにホタルを見に行ってきました。


DSC20160527 (26)_r.JPG


DSC20160527 (28)_r.JPG


facebookのグループの皆さんに教えてもらった場所を回ってきました。
生田のホタルカフェ近くではやはりホタルカフェというだけあってホタルがお店の前の川にたくさんいました。

ホタルの撮影は初めてではないんですが(いつもほとんど写ってない・・・(T_T))、今回はフォトの先生に電話で教えてもらいながらの撮影で1人でがんばってみました(笑)
撮れてます?

色々な場所にそれも暗闇にあっちこっちと・・
山育ちの私でもさすがに怖かったわ・・(笑)
あぜ道のような場所にワンボックスカーで入っていく私も私だけど・・(笑)
人間の目で見たら見えるホタルもカメラのレンズを通すとなぜか見えなかったり・・(^^;;
生田の他にも、大町下の大師の水、その奥の川の傍、下河合のめだたの学校近く(昔はここでよくホタルを見かけたけどほとんど居なかった・・(^^;;)などなど。

淡路に2泊3日の予定だったので翌日もチャレンジ。
この日は南あわじ市のホタルが見れる場所として有名な諭鶴羽ダムに。
車を駐車場に起き、懐中電灯を持って山の奥の方に。。
何組かの家族連れも居たのでちょっぴり安心(笑)
真っ暗になる前に居そうな場所に行って暗くなるのを待って撮影。


DSC20160528 (2)-1_r.jpg


DSC20160528 (3)_r.JPG


もう少し居たかったけど家族連れも帰り、辺りは真っ暗、風の音と水の流れる音だけが山に響き渡り、撮影は真っ暗でないと撮れないので懐中電灯も付けれないので怖くなって戻りました。
(来年は誰か友達誘おう・・・)
でもこちらも前日を同じくなんとか撮影できました!!

ホタル撮影したかったので本当に嬉しい!
電話で指導してくれたフォトの先生ありがとうございます!

淡路では波の音を聞きながら海を見て夕日を撮ったり


DSC20160527 (5)_r.JPG


いいタイミングの写真が撮れず残念でしたが、穏やかな海を見てこれました\(^o^)/

次は滝めぐりかな。。
マイナスイオンいっぱい浴びに行きたい!


IMG_3197_r.JPG


三田の奥のわらび餅が美味しい峠の茶屋一軒家の駐車場奥に小さな川?があって。。。
小さな滝のように水が流れてしました。

滝めぐりいつ行こうかな。。(笑)

そうそうこの日は近場でカフェめぐりと思ってたのにほとんど行きたかったお店がお休み。。
友達と一緒だったのでとっても残念でカフェ探してウロウロして舞鶴まで。。(笑)
いつになく穏やかな日本海と赤レンガパークとれとれ市場に!


IMG_3211.JPG


IMG_3209.JPG


IMG_3219_r.JPG


ドライブと美味しいものを食べてとっても楽しかった!
悩んでいた友達の背中を押すことも出来たし、私も自由気ままに出来るのも家族のおかげと再認識でき感謝感謝!!おもわず出来た少旅行でした(笑)

淡路ではロハスミーツin淡路を見に行き、久しぶりに淡路島公園にも。。


IMG_3245_r.JPG


IMG_3270_r.JPG


IMG_3300_r.JPG


早くも咲き出してた紫陽花を見ることが出来ました。
四季が生み出す自然の楽しみを満喫してきました。

6月も楽しみいっぱい!
来週には子供達が修学旅行に林間学校へ。
そうたも中学校生活に慣れてきて部活も本当に頑張っています。
ゆうかも去年よりは小言も減り小学校生活最後の1年を楽しんでいるようです。
そうたのとの会話で「私はいつまでも小学生で居たいわ〜」と。。
厳しさと大変さ(テストや規律など)の話を聞くとそう思うのかな。。
”今”は今しかない。
今を意識して自分の気持ちを常に”いい気分”で居れるように
あるのもの、出来ることに目を向けて、感謝と希望をいつも口に出し、
楽しんで過ごそうと思います。

あいな?あいなは就活が本格的に。。せいやはお泊りありの部活でソーラーカー作りに頑張ってます。
夫?夫は海外出張が増えるとイキイキしてますね。。(笑)

私も時間があれば引き寄せの本を読んだり、ワクワクするイベント探して行ってみたり、子供達に、友達に色々な情報を教えてあげれることが今の楽しみです\(^o^)/
posted by tyaki at 13:05| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック