2018年09月24日

伊弉諾神宮

前回のカメラ講座は特別に許可をもらって伊弉諾神宮の境内での写真撮影。
望遠、広角、絞り値を変えての撮影が課題

☆絞り値とは、レンズを通って撮像素子上に写る像の明るさのことです。
絞り値はF1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16、F22、F32のように表されます。
F+数値で表され、絞り値を変えると、絞りの開き具合が変わり、レンズを通る光の量が変わります。

絞り値を大きくすると、絞りが絞られてレンズを通る光が少なくなり、絞り値を小さくすると、絞りが開かれてレンズを通る光が多くなります。
たとえば、絞り値をF4からF5.6に変えると、レンズを通る光の量は半分に減り、撮像素子上に写る像も半分の明るさになります。
絞り値を変えると、ピントが合って見える範囲も変わります。
絞り値を大きくするほどピントの合っている部分の前後もピントが合っているように見えてきます。
逆に、絞り値を小さくするほどピントの合って見える範囲は狭くなります。



DSC20180918 (76)_R.JPG


DSC20180918 (75)_R.JPG


少し分かりづらいかもしれませんが・・(^^;)



DSC20180918 (108)_R.JPG


DSC20180918 (106)_R.JPG


DSC20180918 (89)_R.JPG


撮影したのは撮影後文化会館に戻って先生からのアドバイスをいただきました。


素敵な雰囲気の伊弉諾神宮では昨日は”神楽祭”があり、今日は淡路伝統芸能祭が開かれています。


20180924-5_R.jpg


20180924-1_R.jpg


20180924-3_R.jpg


20180924-4_R.jpg


20180924-2_R.jpg



色々な団体の演奏会、メイクアップショーや舞台披露、和太鼓などなど楽しいイベント盛りだくさんです。

posted by tyaki at 10:57| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: