2020年01月23日

海上保安庁巡視船一般公開

1月17日(金)
阪神淡路大震災から25年目の日に神戸市のなぎさ公園であった”ひょうご安全の日のつどい”での防災訓練で海上避難広報訓練、海上消火訓練(放水)、そして初めて乗った巡視船の一般公開に行ってきました。

1月17日は”ひょうご安全の日”と定め色々な事業を兵庫県はしています。


20200117hyougoannzenn-1_R.jpg


その中で海上保安庁第五管区海上保安本部が巡視船の海上広報(災害時における海上からの避難要請)や海上消火訓練がありました。









DSC20200117 (1)-1_R.jpg


DSC20200117 (9)_R.JPG



海上ではほかにも県警の船での漂流者救出救助訓練、漂流者搬送訓練、物資搬送訓練などがありました。


DSC20200117 (18)_R.JPG


DSC20200117 (34)_R.JPG


DSC20200117 (26)_R.JPG


DSC20200117 (43)_R.JPG


DSC20200117 (49)_R.JPG





その後巡視船ふどうの一般公開で初めて海上保安庁の巡視船に乗りました。


IMG_7497_R.JPG


IMG_7499_R.JPG


IMG_7501_R.JPG


撮影禁止区域もありドキドキ(^^;)

その後終わりギリギリでしたが他のブースもちらっと見に行ってきました。
兵庫県看護協会のブースでは三角巾を使った応急救護のの仕方を。


20200117sannkaku-1_R.jpg


20200117sannkaku-2_R.jpg


20200117sannkaku-3_R.jpg


20200117sannkaku-4_R.jpg


大きなバンダナや風呂敷などでも代用出来るので覚えておくといいでしょう。

兵庫県聴覚障害者情報センターのブースでは知り合いにも再会し、置いてあった尼崎市の尼崎市手話の本をもらってきました。
中には尼崎市手話言語条例の制定、コミュニケーションの方法、聞こえない人が困ること、簡単な手話単語表現などが載っていました。


amasyuwa_R.jpg


amayubimoji_R.jpg


裏には指文字も。
指文字は手話がわからなくても五十音なので覚えておくと伝えることが出来ると思います。


また公園の外の道沿いにもブースがあり、見に行くと、いつもお世話になっている兵庫県消防協会の方が!!


IMG_7507_R.JPG


IMG_7509_R.JPG


兵庫県消防協会のパンフレットと総務省消防庁の消防団員募集のパンフレットを。


kensyoubou-1_R.jpg


kensyoubou-2_R.jpg


syoubou-1-1_R.jpg


syoubou1-1-2_R.jpg


男性の消防団員が減ってきて今は女性消防団員が増えてきています。
消防署で働くプロの消防士だけではなく身近な人達が地域を守るために活動しています。
全国各地に消防団はあります。
自分の地域を守る消防団員はきっと近くにいると思います。
一緒に活動しましょう!

災害はいつ起きるかわかりません。
阪神淡路大震災の時は私は淡路島に住んでいました。
長女が8ヶ月の時で余震が怖くてかといって実家にいこうにも道が(昔は舗装されてなかったので)危険なので行けず、いつでも逃げれるように車で夫の帰りを待った記憶が。。。

自分の身は自分で守る、そのためには知識と訓練を。
私は大切な家族や友達に自分の身は自分で守る知識、技術を伝えていきたいです。



posted by tyaki at 20:19| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: