2021年02月23日

幸せを運ぶコウノトリ

国の特別天然記念物のコウノトリ

コウノトリは湿地生態系の頂点に君臨する鳥で、大型の淡水魚をはじめとする水生動物から、ヘビやバッタのような陸生動物まで、多様な餌を食べる肉食の鳥です。現在では、極東に2000羽あまりしか生息していない絶滅危惧種です。(但馬コウノトリの郷公園HPより)

但馬ではコウノトリがよく見かけられると聞いていました。
そのコウノトリが淡路島でも見かけたとの話。
神経質なコウノトリなので遠目に見てきました。


DSC20210218 (6)-1_R.jpg


DSC20210218 (9)-1_R.jpg


めっちゃ大きくて羽を伸ばすと約200センチにもなるそうです。
(両翼を広げたときの大きさ(翼開長)は200〜220cm、立った状態での高さは100〜110cm。体重は4〜5kg。)

時間がなくて設定もままらないまま遠目撮ってきましたが
見るからに大きなコウノトリ


淡路島にも幸福を運んできてくれたのでしょう!!

見かけたらそっと見守りましょうね。。

posted by tyaki at 12:56| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: