2017年10月17日

フリーペーパー

都会に引っ越してきて喜んだのがフリーペーパーの多さ。
各市ごと、地域ごとに色々な種類のフリーペーパーがあります。

淡路島でも近年フリーペーパーが増えてきました。


IMG_4720_R.JPG


淡路に住んでいる時からあった”dan”毎月末金曜日発行で新聞折込に入ってきます。
この情報誌を元に色々なお店に行ってました。

そして隔週に新聞折込に入ってくる”Withawaji
こちらも求人情報やイベント情報満載!

最近では”シマソビ”という淡路島の情報マガジンが発行され始めたり、”島と暮らす通信”という淡路の名産特産がいっぱい載っているものも。。

季刊発行の”ぶらっと淡路島”は淡路観光協会発行の情報誌でクーポンも付いていてイベント情報も満載です!

また淡路島発フリーブックとして”Awaji de la vie”という冊子も来年から季刊発行予定です。
今はデモ版が島内のコンビニ等に置かれています。
地域密着の色々なお店や企業情報が載っています。

淡路島も色々なお店が次々にオープンして淡路に帰るのが楽しみに。。。
淡路には本当にたくさんの素敵なお店があります!
フリーペーパーを見ながらあちこち行ってみて下さい!!

posted by tyaki at 10:05| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

週末イベント情報

淡路島の洲本で14.15日2日間行われる”レトロな街歩き


10-14retoro_R.JPG


1014-15-7_R.jpg


1014-15-8_R.jpg



春秋開催のこのイベントは島内外からたくさんの出店者が自慢の作品や食べ物などをレトロな城下町でお披露目してくださいます。

私も時間があれば行ってましたが、今年はPTA活動と重なり・・・・(T_T)
来年の春はまた行ってみようと思います。

そして同じく14日には川西市の川西能勢口駅近くにある藤の木さんかく広場(川西市中央町3-14)では
”くるり宝塚・川西+能勢・猪名川”発売記念マルシェ&Halloween in 川西えんとつ町が開催されます


10-14enntotu_R.jpg


くるり宝塚は。。


くるり宝塚・川西+能勢・猪名川 街でグルメ。自然で安らぐ。
Chiffon
西日本出版社 (2017-09-15)
売り上げランキング: 324,010




川西、宝塚、能勢、猪名川の色々な観光やスポットが掲載されています(^o^)

☆是非淡路島に川西さんかく広場にいらして下さい!!
posted by tyaki at 14:35| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親(大人)のマナー違反

今日のPTAの運営委員会で出た話。
体育大会で、広報部のみ許可されたテラスからの撮影。
一般の人は立入禁止にしているのにも関わらず、”自分だけなら””こっそりなら””他の人もしてるかも?”
と立入禁止の区域に入り他の人からの苦情で発覚。

広報部の写真撮影では組体操や全体の写真は上からの写真を使用


DSC_0699-1_R.jpg


テラスからの写真は全体の写真を撮るにはピッタリの場所。

苦情は学校の先生が対応。
先生方は子供の安全確認や体育大会のスムーズな運営に意識を集中しているのにも関わらず、学校行事と言うことで学校の先生が対応に追われる。

学校の先生に迷惑かけないためにも(広報部には落ち度はないらしが)来年度からはテラスの使用禁止にしようかとの話。

子供達の体育大会を見たいと思う親の気持ちはわかるが、ルール違反やマナーの守れない親の多いこと。
学校側も子供の指導は出来るが、親の指導までは管轄外

自分だけ良ければ、人の事はお構いなし
そういう親は学校から色々な教育や講演会のお知らせなども見ず、真面目な親だけが参加する

啓発活動をするにしても情報発信しても自分には関係なしと思い見向きもしない。
そんな親たちが子供の指導に当たる先生方を困らせる。
PTA活動は親と先生の共同活動。
親も協力してもらわないとPTA活動(広報部としての活動に支障あり)は円滑に出来ない。

どうしたものだろうか。。

親のマナーはどうしたら良くなるのだろうか?
色々な親(価値観)がいる。
一般常識や一般的なルール(その地域や学校のルール)があってこそ学校活動、PTA活動が出来る。

広報部に関わること(一所懸命に活動し、見てもらえるように、読んで子供達の様子を知ってもらうために活動している)だからこそブログに書きました。

きっと簡単には解決にはならないかもしれないけれど、自分の子供のために学校行事、PTA活動に関わる全ての人に伝えたい。
子供のために親がマナーやルールを守ること。
それは子供の教育(しつけ→親の背中を見て育つ)につながることだと。。

自分だけが良ければそう思う人が少なくなりますように。。
(学校行事やPTA活動以外でも同じ、防災士として1言。災害でも同じなんですよ・・・)
人のために何かして!とは言わないけれど、大人として、親としての自覚は持ってほしいです。


posted by tyaki at 13:54| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

秋を感じに。。

栗拾いに芋掘り。。
コスモスにサルビア。。

まずは。。
淡路花さじきのコスモスとサルビア。。


DSC20171003 (4)_R.JPG


DSC20171003 (6)_R.JPG


遠くの大阪まで見渡せる場所。
爽やかな風と暖かい太陽の光。。


DSC20171003 (12)_R.JPG


DSC20171003 (19)_R.JPG


DSC20171003 (22)_R.JPG


真っ赤なサルビアがとても綺麗。


DSC20171003 (15)_R.JPG


IMG_4705_R.JPG


写真は撮らなかったけど。。(風が意外にきつくてこの日は寒かった。。)
ブルーのサルビアもきれいそうですよ。。

そしてお次は”中秋の名月”に団子や月見まんじゅうなどを買ってきて
お月見。。
女3人(私、あいな、ゆうか)で玄関先にお茶と和菓子とカメラに携帯持って。。。(笑)


IMG_4768_R.JPG


DSC20171004 (14)-1_R.jpg


IMG_4774_R.JPG


お月さん見て団子食べて楽しいひとときでした。。

ゆうかも私の一眼レフカメラで月を撮る!って。。(笑)
望遠のレンズを回して重いカメラにびっくりしながらもなんとか撮りました。
まだ固定がしっかりと出来てないのでシャッター押す時にちょっとぶれたりしてますが。。

あいなはお月見にぴったりの音楽を流してくれて。。(笑)
秋の夜長を楽しみました。。

これから秋深まります。。
栗拾いも今が”旬”
早くいきゃなきゃ・・・・(笑)


posted by tyaki at 22:05| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

平成29年度ひょうご防災リーダーフォローアップ研修

”危機管理の要諦”
我が国の危機管理体制と危機管理の心構え
東京大学生産技術研究所客員教授 (元内閣危機管理監、元警視総監)
伊藤 哲朗氏

危機管理とは何か?
・危機管理には2つの概念がある
1つは危機の事前対策(リスクマネジメント)
1つは危機発生時の緊急事態対処(クライシスマネジメント)
この2つは、時間的にも業務的にも全く異なる内容を示す概念だが、日本では同じ”危機管理”という言葉でた語られる。

想定すべき危機は多くある
起こりうる危機は何か?
・起こりうる危機の想定が重要
・一見問題なく見える現状の中に危機を認識する力こそがイマジネーションの力であり、危機意識である。
・起こり得る危機の想定とその危機についての事前対策は、危機が発生する前に終了しておかねばならない。


IMG_4590_R.JPG


人々の危機意識は如何に欠如しているのか?
事例 首都直下地震の発生
・東北太平洋沖地震を契機に、マグニチュード7クラスの地震は向こう30年の間に5~6個発生する
・人々はどの様な対策を取っているか?
「何もしていない」が第1位
・地震が発生したらどう対処しようと考えているか?
ほとんどが、「自分は無事」で生きているところからの対策。
阪神淡路大震災の時はどうだったか?
東日本大震災ではどうだったか?

☆備えあれば憂いなし?
危機に対する備えができない理由は何か?
問題は、危機を想定出来ないことではなく、心のうちにある。
・危機の基本認識はあっても、その危機は、
「おそらくすぐにはこないだろう」
「来ても大したことがないだろう」
「明日も今日と同じ平穏な日が続くだろう」
正常化バイアス
(「正常性バイアス(normalcy bias)」は、心理学の用語です。社会心理学や災害心理学だけでなく、医療用語としても使われます。人間が予期しない事態に対峙したとき、「ありえない」という先入観や偏見(バイアス)が働き、物事を正常の範囲だと自動的に認識する心の働き(メカニズム)を指します。)

切実感が足りない=危機意識の欠如
イマジネーションの力が不足している
危機感なきところでは、危機の想定も困難

様々な危機の態様
危機管理の基本は同じ
・危機の様態は異なっても危機管理の基本は同じ
・異なるのは、危機の原因や主要なプレイヤーが変わるだけ。

☆危機管理(クライシスマネジメント)の重要性
・リスクマネジメント(危機への準備)が十分でなくとも(準備中でも)危機は発生する
・そこで重要なのがクライシスマネジメント

☆クライシスマネジメントの特徴
危機の発生は、
突発的、予測不能

発生した危機は
大抵の人が未経験、同じ事態は二度起こらない
想定外は当たり前。

危機に対処するための業務量は
膨大
処理、分析、判断のための時間は短時間
人命にかかわる迅速な決断と対処が求められる


IMG_4592_R.JPG



☆緊急事態発生時(初動)におけるリーダーの心構え
・限られた情報下での事態進展の予測
緊急事態下では、予定していた情報ツールが機能しないことも多い。
情報の少ない中で、何が起こっているかの判断と事態がどのように進展していくかのイマジネーションが重要

・状況把握のため、事態の推移を見守ることの危険性
事態がはっきりするまで事態の推移を見守り、事態の性格がはっきりしてから対策を考えようという初動活動の遅れが取り返しのつかない事態の悪化を生むことになる

・迅速な初動活動のための事態の判断と対策の決断に伴う責任
最善の策を取り得たかどうかではなく、最善の策と考えるところを迅速に実行していく勇気、行動に責任を取る覚悟が重要

情報が十分でない中、事態を見通し、迅速な対処方針策定の決断が重要

”まさか”ではなく”もしや”の発想

☆緊急事態対処活動(クライシスマネジメント)のポイント


IMG_4594_R.JPG



危機管理の目的を決める
優先順位の決定
緊急時には通常の価値観が変化する

危機管理に当たるリーダーに期待するもの
・リーダーとして、何が国民、国家にとって最善の策かを判断し、決断する
・決断には責任を伴うが、後で批判を恐れて決断をためらったり遅らせてはならない
・何が最善かはその時点では不明なことが多いが、その時点で最善と思うことを勇気を持って決断していく
・個人、組織のことよりも国民、国家のことを第一に考える

午後は
避難行動訓練「EVAG」
国土防災技術(株)技術本部国際部
コミニティ課長 中村 清美氏

午後はワークショップで災害想定ゲームをしました。
豪雨災害を想定して地域には色々な状況の人々が住んでいます。
例えば、移住したての外国人(地域には馴染みがない)や介護の必要な高齢者、たまたま骨折して自宅養生中の大学生、塾に来ていた子供達などシチュエーションの違う人々が地域に居ます。


bousai-1_R.jpg


この流れからのはじまり。。


IMG_4599_R.JPG


IMG_4602_R.JPG


IMG_4603_R.JPG


IMG_4604_R.JPG


IMG_4606_R.JPG


IMG_4607_R.JPG


IMG_4608_R.JPG


IMG_4609_R.JPG


IMG_4610_R.JPG



大雨洪水警報・氾濫注意情報が出ている状況からのスタートで
グループに分かれて自分のカードの人物になりきってどう行動するか?どう判断するか?を考えていきました。
グループは伊丹の防災士会のメンバーがほとんど一緒でさてどうする?って話を進めていきました。


IMG_4598_R.JPG


IMG_4595_R.JPG


2時間があっという間に過ぎました。
なりきるのは大変でしたが、どうおもう?どう考える?と色々と勉強になりました。

災害想定ゲームはこのEVAG以外にも最近では聞き慣れてきたクロスロード・DIG・HUG・LODEなどがあります。


bousai-2_R.jpg


bousai-3_R.jpg



そして今回始めて学んだEVAG(避難行動訓練・豪雨災害編)


bousai-4_R.jpg


bousai5_R.jpg



秋の消防団活動の1つの自主防災組織での訓練では今年からHUG(避難所運営ゲーム)をしていくそうです。
色々な人が災害が起きた時のパニックや状況を知り、学んで行動できるようになってくれたらいいなと思います。

また地図を見た時に、線路にまたがる道はアンダーパスなのか?高架なのか?の見極めも避難する経路を考える上で必要なこととなります。
高架なら渡れるが、アンダーパスなら水が入っていて通れなくなってる可能性もあります。

色々な想定を経験して実際に起きた時に対応できるようになりたいです。

posted by tyaki at 16:50| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする