2019年02月07日

SUGAR ART展

焙煎仲間のUさんが素敵な作品展を開催されました。
神戸にある神戸旧居留地 VILLA BLANCHEの素敵なレストランで。。


IMG_6751_R.JPG


IMG_6752_R.JPG


受付を済まし、2階に上がるとたくさんの人が今回の作品展に出された13人の素敵な作品を見入ってました。


IMG_6760_R.JPG


IMG_6759_R.JPG


IMG_6764_R.JPG


IMG_6763_R.JPG


IMG_6765_R.JPG


IMG_6769_R.JPG


とても細かな部分まで描かれています。
ハーバリウムを使った作品もあり、色々と工夫されてました。


IMG_6767_R.JPG


IMG_6774_R.JPG


IMG_6777_R.JPG


IMG_6779_R.JPG


どの作品も素敵で時間も労力もかかっただろうなぁ。。と。。
私には出来ない細かな作業。。
きっと出来上がった時の感動はすごかったでしょうね。。

展示会の後、ランチ会に。。。


IMG_6782_R.JPG


IMG_6789_R.JPG


心遣いと温かいメッセージ、本当に素敵です。。
カードに着いているブローチのくまさんも手作りだそうです。


IMG_6788_R.JPG


IMG_6791_R.JPG


IMG_6793_R.JPG


IMG_6798_R.JPG


IMG_6796_R.JPG


こんな素敵な会に呼んでいただいて本当に感謝です。
会場では私の焙煎講座で同期だったKさんとも偶然の再会。
今は珈琲には関わってはいなく、アイシングクッキー教室を大阪で開催しているそうです。
焙煎仲間と通じての同期との再会は本当に嬉しかったです。

ランチ会の後はワークショップに。。
フラワーカップケーキ。。
あんこを花びらにしてカップケーキに描いていきます。
不器用な私。。
ほとんど先生にしてもらったけれど・・・(^^;)


IMG_6803_R.JPG


IMG_6811_R.JPG


IMG_6817_R.JPG


なんとか出来ました(笑)

その後も作品をしっかりと目に収めてきました(笑)


IMG_6820_R.JPG


IMG_6828_R.JPG


IMG_6833_R.JPG


IMG_6829_R.JPG



シュガーアートはイギリス発祥のお砂糖で作る デコレーション技術のことです。その歴史は古く、19世紀ヴィクトリア女王の時代から作られています。代表的なものはウェディングケーキのデコレーション。 他にも結婚記念日や誕生日 、クリスマスやハロウィンなど様々な場面で人々に愛されてきました。 お砂糖を主原料とした粘土状のペースト、人気のアイシングクッキーでも使われる、 お砂糖のクリーム・ロイヤルアイシングを使い、 花束や人形など観賞用としても楽しめる作品を 作ることができます。 何年も保存が聞くそうでです。

Uさんは色々なところでシュガーアートを広めて行きたいそうです。
Uさんには素敵な仲間がたくさん。。。Uさんの魅力がひきつけてるのでしょうね。。



☆お友達一人が須磨離宮公園cafe(GARDEN PAPTAGE)をオープンされます。
明日8日金曜日9時半オープンです。。
ぜひ行ってみてくださいね。。


posted by tyaki at 09:48| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

素敵なお店発見!

淡路島に春を感じに帰った時のこと。
行きたいお店はいつもチェックしてるので営業日を確認していってきました。
淡路の人ならわかる裏から実高に向かう道沿いに新しく出来た
HIRAMATSUGUMI"
そこは昔は牛舎だったとか。。


IMG_6707_R.JPG


実家では今でも牛を飼ってしますが、今も昔も爪切り場と行って、牛をつないでおく、スペースがあるんですね。
その面影が残っていたのでほんまに牛舎だったのですね、、って(笑)


IMG_6709_R.JPG


IMG_6710_R.JPG


お店の中は広く色々な作家さんの陶芸や作品が並んでいました。
この作品は買うこともできるそうです。


IMG_6713_R.JPG


そして私の好きな暖炉のあるカフェ
大きなテープルの前には冬の自然が。。


IMG_6704_R.JPG


IMG_6703_R.JPG


春になればここにはきっと緑がいっぱい目に飛び込んで来るのでしょうね。。

cafeでは季節限定?のぜんざいを。。


IMG_6718_R.JPG


お持ち帰りのできる季節のスコーン
(めっちゃ美味しかった!!)


IMG_6711_R.JPG



淡路には本当に色々なお店が出来てきています。
毎回帰るのが楽しみです。。
(だから毎回淡路に帰ると1日あっという間なのでしょうか・・・(笑))

ぜひ”HIRAMATSUGUMI"に行ってみてください!!


HIRAMATSUGUMI1_R.jpg




posted by tyaki at 12:13| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日から2月

春が待ち遠しい時期ですね。。

そんな時期なのですが、一足先に春を感じてきました。


DSC20190125 (4)_R.JPG


DSC20190125 (6)_R.JPG


淡路島の洲本市にある市民広場で”冬咲きチューリップショー”が開催されています。
毎年この時期にあるこのイベント。
暖かい日を狙って淡路島に帰って撮影してきました。


DSC20190125 (27)_R.JPG


DSC20190125 (21)_R.JPG


DSC20190125 (41)_R.JPG


DSC20190125 (94)_R.JPG



青空の下でポカポカ陽気の中太陽の光を上手に使って撮影。。
カメラ講座にもいってるんだからとしっかりと習ったことの復習も兼ねて。。
うん!少しはうまくなったかな。。(笑)

この日は広田梅林にも行ってきました。
淡路に住んでいる友達がFacebookに淡路の情報を上げてくれていて、梅の開花も教えてもらったので。。


DSC20190125 (119)_R.JPG


DSC20190125 (124)_R.JPG


DSC20190125 (133)_R.JPG


DSC20190125 (137)_R.JPG


DSC20190125 (146)_R.JPG


DSC20190125 (166)_R.JPG



まだまだ寒いけれど春を感じることが出来ました。


今月は受験生のそうたが私学の受験。
大学4年のせいやも卒業に向かって最終期間に。。
私は春のイベント探し(虹色珈琲出店計画)と時間があればお天気を見ながらお出かけ予定。。

インフルエンザの話も聞きますが、我が家は縁なし!
皆元気に過ごしています。

2月は3日の節分(今年は東北東)


ehou.JPG


4日が立春(暦の上では春到来)


1065609.jpg



3連休は消防団の研修会に、ビジョン委員会の”夢会議”

23日は淡路島で”鶴来窯”の年に1度の窯焼きを見学に。


DSC20180223 (28)_R.JPG


(写真は去年)
3日昼夜通して陶芸家の前田幸一さんが仲間達と作品に火を入れます。

2月もあっという間に過ぎるのかしら。。(笑)
今月も”楽しく”過ごしましょうo(^o^)o





posted by tyaki at 11:43| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

イベント情報

淡路島の海人と地域間交流シンポジウム
2月2日(土)午後1時から4時半
南あわじ市福良地区公民館講堂
駐車場あり



2-2awa-1_R.jpg



締切間近のイベント

2月11日(月・祝)
伊丹市スワンホール
1時から4時

阪神北県民局・阪神北ビジョン委員会
”夢会議”
自分の住んでいる街が2020年にはどんなふうになっているか
その為に自分は何ができるかの?
老若男女問わずお申込み出来ます!!



2-11bi-yume1_R.jpg


2-11bi-2yume_R.jpg



posted by tyaki at 10:24| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域防災力の向上のための考え方と行動

山口大学大学院 創成科学研究科・総務省消防庁 消防大学校 瀧本浩一氏の講演

地域防災に関わる課題
自助・共助の役割とは?
災害時には、”自助””共助”と言うけれど・・
住民の多くは普段から”自助”はしない
大規模災害時には”自助”ができないため”共助”もできない

天災は忘れた頃にやってくる(寺田寅彦)
関東大震災から12年たった時のこと
「いつくるかわからない津波の心配よりも明日の米びつの心配の方が現実的である」と思ってしまう



IMG_6584-1_R.jpg


IMG_6585-1_R.jpg



共助=コミニティ・集落・自治会など
普段からのパトロール・マップ作り・街歩き(基礎)


リーダーが知っておくべき地域防災における活動の位置づけ


bou-1_R.jpg



被害想定
自分の住んでいる災を知る
日常生活の中でいかに備えてもらうか?


IMG_6588-1_R.jpg



予防・抑止
地震から命を守るために家庭の危険箇所を事前に確認・改善


IMG_6591-1_R.jpg


高いか?安いか?


IMG_6592-1_R.jpg



災害時に地域の中で危険となる箇所を事前に確認・可能なら改善

外壁落下・ブロック塀倒壊・道路閉塞・水路と道路・側溝等の不備

災害図上訓練(DIG)→防災街歩き→防災マップ作り

応急対応
消防団・自主防災組織等が対応の流れを整理
避難者要支援者名簿の作成等
災害直後の迅速な安否確認、避難有無の確認方法
災害発生前の対応のための情報収集と活用が必要
災害に関わる雨に関する用語は知っておく
対応の流れを検証する→訓練の創出と実施
実働により現場で検証する→手段・方法、経路、所要時間の検証等
避難訓練、声掛け訓練、要支援者介助、搬送訓練・・



bou-2_R.jpg


bou-3_R.jpg



日頃から防災対策をして災害がいつ起きるかわからないと意識しながら生活する
ビクビクするのではなく、備えておくと安心
訓練→実際にして体を使って覚える
そして、いざと言う時に難なく避難所にいくことができるように

色々な防災グッズが売られているます。
食器棚には自動ロックのようなものも、そしてガラスが割れたら怪我をするので食器棚の裏には飛び散り防止を貼る
そして突っ張り棒や家具手前下にいれるようなもので家具を固定
これだけでも命が助かり確率は上がる

ちょっとしたことだけどしてない家庭が多いらしい
自分とこには来ない
そう思いたい気持ちは十分わかります。がもしものことを考えてちょっとした対策はしておきたいですね。




posted by tyaki at 10:15| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする