2019年12月20日

あの人が。。

私の大好きなworkgroupのシンセサイザー弾きのwolさんがなんとボーカルに。。
まーくんかーくんの新ユニットMAKARS
めちゃめちゃ優しい歌声です!!








是非聞いてみてください!!



DSC20191214 (84)_R.JPG


DSC20191214 (86)_R.JPG


DSC20191214 (89)_R.JPG

posted by tyaki at 13:31| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬のおでかけ

ちょっとした時間にぶらっと友達おすすめの場所に行ってきました。

私も知らなかった”あのベンチ”
鳥人間コンテストなどの撮影場所みたいです。



DSC20191213 (3).JPG


ちらっと向こうの山には雪が積もってる感じ。。
そんな寒い琵琶湖に。。(笑)


DSC20191213 (6).JPG


めちゃめちゃいい場所!!
湖の波の音
寒かったけれど風がなかったのでベンチに座ってぼっと。。


DSC20191213 (28).JPG


DSC20191213 (23).JPG


DSC20191213 (9).JPG



素敵な場所発見!!
夏にいけば水遊びも?!(笑)

いい場所教えてくれた友達に感謝!

☆寒いけど天気がいいとぶらっとおでかけしたくなるんですね。。
posted by tyaki at 12:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

クリスマス アフタヌーンティーセット

宝塚ホテルで開催している”クリスマス アフタヌーンティーセット”に行ってきました。
このホテルは移転のため来年3月31日で閉館するそうです。(新しいホテルは5月オープン予定)

近くに住んでいましたが、初めて行った場所でした。
一緒に行った友達は子供の結婚式や色々な会で使ったことがあるそうでなくなるのは寂しいなぁと。。


IMG_6423_R - コピー.JPG


IMG_6419_R - コピー.JPG


大きなテーラウンジに座り心地のいい椅子


IMG_6424_R.JPG


チラシはこんな感じでした。


IMG_6437_R.JPG


メニューは
・ホワイトチョコとローズヒップのヴェリーヌ
・抹茶のノエル
・フランボワーズショコラ
・雪だるまマカロン
・トリュフチョコ
・ブールド ネージュ
・ピスタチオのミニクグロフ
・苺のサンタ
・スコーン(プレーン・レーズン)
・林檎のスープ
・生ハムのタルティーヌ
・小さなタルトに詰めた鱈のブランダード
・スモークサーモンのスピラール
・コーヒー または 紅茶
(セットの紅茶はセイロンティーでございます。)



IMG_6428_R.JPG


IMG_6429_R.JPG


IMG_6431_R.JPG


IMG_6430_R.JPG


IMG_6434_R.JPG


IMG_6435_R.JPG



昼間にのんびり優雅な時間を過ごしました。
お互いに仕事に介護、育児で時間が合わず久しぶりにゆっくり喋りました(笑)

私もケーキがあまり好きじゃない子供達がいるのでこんな感じだと子供も喜ぶのかな。。と思いつつ自分だけ楽しんできました(笑)
毎年クリスマスには小物にイルミネーションにツリーにケーキ買って・・・
というのも子供が大きくなってくるとだんだんしなくなり。。。
庭先にちょっとイルミネーションをつけて、玄関のタペストリーをクリスマスにして、置き場所が狭い玄関先に小物を少し並べています。


IMG_6350_R.JPG



淡路の家では色々なイルミネーションをつけて楽しんでたなぁ。。と懐かしく思います。


DSC00827.jpg


DSC09452.jpg


DSC09418-thumbnail2.jpg



寒いの苦手でなかなか色々と開催されているイルミネーションも見に行ってません(笑)
人の多いのと寒さは苦手です・・・・(^^;)

1日が早く1週間があっという間!
今年も後16日!めいいっぱい楽しみましょうo(^o^)o

posted by tyaki at 17:50| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日々勉強&情報収集

この前”阪神・淡路大震災25年記念事業”自主防災組織元気!フォーラムに参加してきました。
防災士の会からの案内で主に自主防災組織の方々が参加されていました。
私は、防災士も持っていますが、普段はあまり活動はしていません。
それでも新しい情報や学びは必要だと思っています。


IMG_6276_R.JPG


今回の講演会はひょうご防災リーダー講座の講師でもあった木村玲欧氏(兵庫県立大学環境人間学部教授)のお話でした。
”わがこと意識”で地域防災を考えてもらうためには、私たちは何をすべきか?

自然が変わってしまった今、私たちも変わらなければならない
・21世紀前半は地震・異常気象などの”大災害時代”になる
・これから生きる人々にとって。災害は”滅多に起きないもの”ではなく”頻繁に発生し、その度に命を脅かすもの”という認識を持つべき

わがこと意識(⇔他人事)
・自分たちに身近なこととして、自分たちに引き付けて考えること
・ある事柄についても、それが自分たちに直接関係することでなくても、それが自分たちにそのもののことのように意識すること

人は”経験”しなければわからない(理解できない)
    ⇓
何も知らなければすべて想定外
(自然現象の発生・現象の大きさ・日頃の備え・直後の適切な行動・人やモノの被害・救助救出・生活支障・生活再建・復旧復興など)

危機管理の基本は”わがこと意識”による自助
犯罪・病気と同じように”災害”も危機管理する
災害は滅多に起きずによくわからないので特に防災対策はしていない
  ⇩
・もしものために最低限の防災対策をしておく
(耐震・家具固定・非常持出袋・避難行動基準。避難場所など)

☆自分自身の命を他人に任せてはいけない
無知はイザという時に無力となる


健康診断のように日頃から”災害診断”を

自分の状況を知るとわがこと意識が生まれる
”ハザードマップ”の施設をマークし、道をなぞろう
1、自分の家
2、親戚、ご近所(特に高齢者宅)
3、指定された避難所・避難場所
4、よく行くスーパー・病院・施設
5、学校・会社
6、よく使う道路(上記への道)
7、危険な場所・設備(訓練で発見!)

プロアクティブの原則

@疑わしい時は行動せよ
・状況がはっきりするまで動かないのは事態を悪化させる
あいまいな状況のときでも、事前の知識によって”行動きっかけとなる状況”が発生したときには対応を開始する

A最悪事態を想定して行動せよ
・希望的観測をしてはいけない。頭の片隅に、最悪のことを常に考えながら行動することで対応力の幅ができる

B空振りは許されるが、見逃しは許されない
・今何をしなければならないのか?という必要性の発想で積極的に対応すべき。
対応したが実際には何も被害・影響が発生しなかったとしても、経験値が増え本人のレベルアップにつながる


マニュアルは作るだけでは未完成
使ってはじめて完成する
マニュアルを使って訓練し、良かった点・改善すべき点を明らかにしマニュアルを改正する

計画を訓練によって検証する
・計画と訓練が切り離されている現状
※立派な計画と計画とはほとんど関係のない避難等の訓練など

・計画を確かめるためにも訓練を実施しないといつまでたっても実用性のある計画にならない

内閣府”防災まちづくり”ポータルサイト


楽しく活動を進めよう
(例)地域のイベントで食事の提供を行う際に、災害時に使用する給食用の機材や食材をつかってみる
   この活動ではこのような効果がある
   (資機材の操作の習得、資機材の動作点検、災害時の食事がどんなものかわかる、備蓄品の管理状況が把握できるなど)

・活動が盛んな団体には、みんなが楽しんで活動している事例が少なくない
・楽しく活動することにより・・・
・活動の達成感が得られ、次の活動への意欲が湧く
・参加する住民の輪が広がる
・”楽しく”をキーワードに活動していくことを考えてみる
 ・地域のイベントを活用して防災を入れ込む
 ・コンクール、ゲーム、映画会など訓練やイベントを楽しめる工夫を取り入れる

☆入口を広く、奥行きを深くする
@入口を広くする
・誰にでもできるかんたんなものにする(例 シェイクアウト訓練)
・日常の活動の中に防災の要素を入れていく(例 まつり、運動会、草むしりなど)
・様々な地域の関係者やその行事と連携していく(例 自治会、PTA、防犯、民生委員、まちづくりなど)

A奥行きを深くする
・毎年、訓練のテーマや対象者を変えていく(例 安否確認、消火、救助救出、要援護者、情報伝達など)
・他地域のよい取り組みをどんどん真似していく(例 ホームページで検索、消防署などに問合せるなど)

段階的要請法(Foot-in-the-door)
誰でもが承諾するような小さな要請をして承諾実行してもらってから、承諾されることを当初からねらった中ぐらい
の要請をすると、承諾率が上がることを、Foot-in-the-Door 効果という

☆仲間を作ろう(3人程度の協力者)

❌リーダー一人で組織運営や災害対策活動を行うのは、負担が大きく無理
○ 組織運営で協力してもらえる仲間(3人程度の協力者=役員的な立場)を作ることが重要

防災には継続性と発展性が重要
・継続性によって”わがこと意識”を維持する
・発展性によって”わがこと意識”を向上させる

安全・安心は自分たちで作るもの!
危機は”その場しのぎ”では対応出来ない
・普段やっていることさえ、なかなかうまくいかない。まして普段やっていない・考えていないことなど、できるわけがない

→これまでの知恵・教訓を学び、自分たち(自分の組織・地域・家など)の弱いところ、組織・地域・家で起こりうる問題を知り、計画を訓練などを通じて実現させていくことで危機の対応力・応用力を上げていく
◎慌てないという態度をつくる


IMG_6284_R.JPG



今回は自主防災組織向けでしたが、来年1月13日(月・祝)には一般向けの講演会があります


1-13kimura-1_R.jpg


1-13kimura-2_R.jpg


締めきり1月6日(月)
阪神北県民局FAX0797-86-4379
メールは hanshinksom@pref.hyogo.lg.jp





posted by tyaki at 17:18| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

季節は進む



IMG_6256_R.JPG



末っ子の三者懇談に学校に行った時に花壇に咲いていました。
この日も寒く足早に校舎に向かってましたが、水仙には目が行きました。

寒い時期には花が長持ち
家でも花を飾り楽しんでいます。


IMG_6094_R.JPG



それにしても毎日寒いですね。。
しっかり保温して元気に年末を迎えましょうo(^o^)o



illumi-moji.gif

posted by tyaki at 16:33| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする