2006年09月10日

為になる本

子育てハッピーアドバイス3
明橋 大二 太田 知子
1万年堂出版 (2006/09/06)


1も2も買って読みました。
どちらも漫画やイラストが入ってて読みやすく、今私が気になってる事が載っててなるほどなあ。。って思いました。

特に子供の話をきとんと聞くってところは親が都合の悪いことでも子供が正しいと言ってることはきちんと聞いて、認める。

ごまかしたりせずに親もきちんと子供と向き合う事が大事だと・・
大人だからと子供にごまかしたりせず子供に素直に接しなければいけないなって・・・(反省・・(^^ゞ)

もう1冊は


スピリチュアル・カウンセラー江原啓之物語
江原 啓之 和田 育子
光文社 (2006/05/24)


カイロの先生の勉強会にも何回か話題になった江原さん。
江原さんってどんな人?どういう生き方をしてきたのかなって。。思って、漫画なので読みやすいので買いました。

読んで大変苦労されてきたのだと・・今は華やかに見えるけれど、今まで大変な苦労をして色々な経験を積んできた人なんだと・・初めて知りました。

見方も変わりました。あまり好きではなかったのですが、自分が世の中の人を助けるために生まれたという文章では泣けてきました・・

苦労がたくさんあってしんどい思いもされたのに、それが自分が人を助けるために生まれてきた江原さんの人生だと思うと・・感動しました。

あいなも読んで旦那の実家に持って行ってたのでお義母さんも興味があるそうで貸しました。たくさんの人に読んでもらえると嬉しいです。

posted by tyaki at 08:29| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気の話

ヒロカイロプラクティックオフィスで「気」の勉強会がありました。

スピリチュアルとか気の話が聞きたい人たちが何人か参加してきてました。私も、「気」の話はとても興味があり楽しみに行きました。

まずは呼吸法を話があり、以前にも先生と話す機会があり聞いた話でしたが復習になりました。空気(空の気)=呼吸。呼吸により能力を高めることが出来る。

能力を高める事により自分の感性(直感)を磨くことが出来、人生はいろんな選択の連続でその選択を自分に合った方に選ぶ事ができるようになる。

レイキに興味があって、レイキとはなに?レイキと気功の違いも教わりました。レイキはエネルギーを自分に入れること。

気功はそのエネルギーを出し入れできること。だそうです。
またレイキは気功の1種だそうです。

はやり気功が一番大元で体や心を正常に保つには気功を学んだり知る事が必要だと言われました。

体も心も良い状態に保つには、日本食(玄米・みそしるなど昔からの食べ物)を食べて、しっかり歩く、そして冷却(熱を持っていると細胞が死んでいくので特に首は脳と体をつなぐ大事な場所だから特に冷却しておくことが大事だそうです。

それから無意識にしている呼吸にも意識をして腹式呼吸をすると体全体にエネルギーが行き渡り体に心に良いそうです。

歩いて、日本食を食べて、呼吸に意識し(腹式呼吸)冷却。
”今日したことが明日の自分”
するかしないかで自分の体や心が変化するかしないかとなる。

自分が元気でパワーがないと回りの人を幸せにしたり、元気づけることが出来ない。

だからいつも常に自分の心や体の状態を元気(気の元)にしておくことが必要である。

その状態を維持するために手段として「日本食・歩く・呼吸・冷却」がある。自分を大切にすることが一番大事である。

呼吸には2種類あって第一呼吸メカニズムは仙骨、後頭骨が呼吸を通じて動く事(この第一次呼吸メカニズムの役割であるが、人体にとって大変に驚くべきものである。

仙骨後頭骨の動きが原動力になり、脳脊髄液が頭部から下部の脊柱を下り(脊髄内)、循環して行き、やがて頭部へ帰り、その役目を終えることになる。

脳脊髄液の主な役目は、神経に栄養を与えることと、脳脊髄液の化学組成に組み込まれている特殊なメッセージ、すなわち修復、維持、洗浄などの情報を神経に伝達することである)第二呼吸メカニズムは通常の肺呼吸である。

だから呼吸を特に腹式呼吸をすることにより体と心を正常に保つことができる。とても勉強になるお話でした。

本当に大事な事を聞いたように思います。
有言実行で頑張って心と体を元気に保つことができるようにしたいと思いました。


続きを読む
posted by tyaki at 08:12| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする