2007年05月16日

言葉

言葉の使い方を学ぼうと読んだ本があります。


一週間が変わるいい女の「言葉塾」―あなたはもっともっと素敵になれる!


この本では「言葉」は
自分の言葉で自分にしか話せないことを自分らしく話そう
って書かれていました。

話し方には技術はいらない・・
その前に、自分がどう生きているのか?
自分の考え方をしっかりと持って人生を歩んでいると、
話し方が変わる。


言葉は心を写す鏡・・
悪口を言うのは、自分の人生がうまく言ってない証拠。
自分の人生に夢中になっていると人の事が気にならない・・

人の不運や、不幸、欠点が気になるということは自分の人生を歩んでいないことになります。

幸運を引き寄せる、魔法の言葉は、
「嬉しい!」「楽しい!」
感激を素直に表現できる人になりたいな・・

「大変ね」「えらいね」はあまり使わないほうがいいみたい・・
「大変ね」は同情の言葉は人を上から見てしまってるいるから・・
「えらいね」はほめ言葉のように使ってしまっているけれど、
この言葉も人を上から見ている言葉です。

またびっくりしたのが、
「大きな声を出して話している人は心に不安を持っている人」って書かれていました。
心が落ち着いている人は大きな声を出さずに、物静かだと・・

色々な考えたかがある中でこの本を手にとり、読んだ結果・・
言葉の使い方、トーン、大きさには心を移すとっても大事なことが
隠されていたんだと・・

普段から声が大きい私は・・
不安だらけなのかしら・・・(笑)

言葉のちょっとした使い方が、人に与える影響など初めて知ったことが多かったです。

言葉は心を移す鏡!
気をつけて意識して言葉を発せようと思いました。

いい勉強になりました。



続きを読む
posted by tyaki at 06:07| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする