2015年12月15日

この時期の楽しみは。。。

色々な雑貨屋さんでみつけた小物を玄関に所狭しと置き、出かけるとき、帰ってきた時に見て楽しむ!(笑)

玄関には。。


2015-12-09 08.31.32_r.jpg


2015-12-09 08.32.15_r.jpg


こっちに来た時に買ったファイバーのクリスマスツリーは壊れちゃったのでせいやにお願いして修理待ち(^^;;

そして”イルミネーション”
淡路の家では家のウッドデッキに飾り付けしてイルミネーションをしてました。
がこっちでは色々な場所に行ってみることに。。(笑)


2015-12-12 18.21.03_r.jpg


これは淡路の志筑にあるイルミネーション(携帯で信号待ちで撮ったので綺麗に撮れませんでしたが・・(^^;;)
毎年パワーアップo(^o^)o


DSC20151213 (36)_r.JPG


手前の池に映るのも素敵でしょう?!


DSC20151213 (57)_r.JPG


これは宝塚市大野原にあるイルミネーションを売っているお店の方の作品。
今年は愛犬がなくなったので追悼の意を表しているそうです。


DSC20151213 (95)_r.JPG


DSC20151213 (75)_r.JPG


DSC20151213 (82)_r.JPG


DSC20151213 (114)_r.JPG


2015-12-13 19.32.05_r.jpg


IMG_1924_r.JPG


素敵でしょ?
是非見に行ってみてください。。






ただしマナーは守ってね。。(個人宅なので)

私も愛犬ラッキーが居ます。
長生きしてほしいと願っていますが、今回の淡路泊の時も散歩に行くけど元気がないというか、足がよたよた・・(^^;;
元気に居て居て欲しい。


ということでイルミネーション見に行ったり、Xmasの雰囲気を楽しんでいますo(^o^)o
Originalドリップパックを作ってみたり。。(笑)


2015-12-09 16.01.01_r.jpg



皆さんも楽しんでますか?!
posted by tyaki at 16:28| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防災リーダー講座6回目

1時限目
”原子力災害対策”京都大学原子炉実験所 教授 中島 健氏
原子力の基礎知識
 原子力発電のしくみ
主に2つの発電方式 
沸騰水型炉(BWR boiling water reactor)
 原子炉の中で蒸気を発生させ、それを直接タービンに送る方法
加圧水型炉(Pressurized Water Reactor)
 原子炉の中で発生した高温度圧水を蒸気発生器に送り、そこで別の系統を流れている水を蒸気に変えてタービンに送り発電機を回して電気をつくる。


2015-12-12 10.20.00_r.jpg


ウランの核分裂反応(連鎖反応)
分裂してできた2種の原子(セシウム・ヨウ素等)→熱エネルギー→減速された中性子→ウラン235→分裂
熱エネルギー→中性子→ウラン238→プルトニウム239

制御して、必要な分だけエネルギーを取り出す(制御棒)
中性子を取り除くと核反応止まる⇔中性子を当てると核反応始まる
核反応生成物セシウム、ヨウ素が外に出ると問題となる

原子力発電の特徴
・エネルギー密度が高い(少量の燃料で大量のエネルギー発生)
・発電時にCO2を排出しない(エネルギー確保、地球温暖化対策
・放射線、放射性物質が発生する
・放射性廃棄物が発生する(→事故・テロ対策、廃棄物処理問題)

原子力の安全確保策
原子力発電所に何かあったら
1、核分裂反応を止める
2、原子炉を冷やす
3、放射性物質を閉じ込める

原子炉の”崩壊熱(停止後の発熱)
核分裂生成物は強い放射能を持ち、放射線を出し続ける
        ↓
放射線は止められると熱エネルギーになる
        ↓
放射能を持つ間、熱が発生し、徐々に減っていく
☆原子炉は、停止しても崩壊熱という余熱を出すために、停止後も冷やし続ける必要がある
※福島発電所では、原子炉は停止できたが、崩壊熱を冷やすことが出来ずに、燃料温度が上昇し、溶融(メルトダウン)を起こした。(メルトダウンとは原子炉中の燃料集合体が(炉心を構成する制御棒やステンレススチール製の支持構造物等をも含めて)核燃料の過熱により融解すること。または燃料被覆管の破損などによる炉心損傷で生じた燃料の破片が過熱により融解すること。燃料溶融。)

放射性物質の放出

揮発性放射は一過性なので、沈着しない
セシウム化合物は水に溶けやすく、雨で落ちて地面に留まる(なかなか土中から抜けない)(セシウムは半減期30年かかる)
放射性ヨウ素は甲状腺ガンの原因
安定ヨウ素を服用すれば、放射性ヨウ素は吸収しない(ヨウ素は半減期8日)
プルトニウム(重金属物質)は身体に取り込むと危険。毒性が高い(が揮発性でも水溶性でもないので大部分は炉内あるいは敷地内)

なぜ水素爆発が起きたのか?
燃料棒の鞘管(被覆管)は特殊な金属(ジルコニウム)が使われている
燃料棒が露出して高温になるとジルコニウムと水の化学反応が起こりやすくなる(水分子が分解)→水素ガスが発生(水から酸素取り込むと水素のみ残る(H2O-O=H2))
水素ガスが漏洩し原子炉建物内に充満→限界濃度(約4%)を越えて爆発

福島第一原子力発電所事故の概要
マグニチュード9.0の地震が発生
震源に元も近いのは女川原発は地震の揺れにも津波にも無事
いいぽう福島原発は運転開始1970年で当時四十周年(地震には耐えたが、次に到来した津波で壊れた)
設計より大きな地震が来た

津波の襲来
・海水ポンプの浸水(最終的ヒートシンクの喪失)
・発電機、電源盤、バッテリーの浸水(電源喪失)

福島では、敷地高10Mに対して、15Mの津波が来て洗われてしまった
敷地を高い所へ持って行くと、水を引き込むのにコストがかがる
福島では空調のダクトから海水が入り、地下へ入った
電源盤など重要な設備は全て地下に配置されていて、浸水ため電源がダメになった

汚染水対策
1汚染源を取り除く
(多核種除去設備等による汚染水浄化・トレンチ(配管などが入った地下トンネル)奈の汚染水除去)
2汚染源に水を近づけない
(地下水バイパスによる地下水汲み上げ・建屋近傍の井戸での地下水汲み上げ・凍土方式の陸側遮水壁の設置・雨水の土壌浸透を抑える敷地舗装)
3汚染水を漏らさない
(水ガラスによる地盤改良・海側遮水壁の設置・タンクの増設(溶接型へのリプレイス等)

なぜ事故が起こったのか
(安全設計審査指針の問題)

原子力防災について
原子力災害対策本部特別措置法の制定
・的確な情報把握に基づく迅速な初期動作
(事業者かたの通報義務化・内閣総理大臣を長とする”原子力災害対策本部の設置”)
・国、都道府県、市町村の有機的連携の確保
(オフサイトセンターの設置)
・原子力災害の特殊性に応じた国の緊急時対応体制の強化
(原子力防災専門官が現地に常駐・本部長が関係機関に対して応急対策について必要な事項を指示)
・事故に際しての迅速な通報等、原子力防災における事業者の役割の明確化
(防災業務計画の策定、防災組織の設置)
・モニタリングシステム、情報通信設備の整備

福島第一原発事故の教訓
・自然災害の評価の難しさ(広域災害への対応)
・”想定外”への対応(思考停止に陥らないために)
・危機管理の心構え(本当の意味での準備・訓練)
・エネルギーの安全保障(巨大システム(一極集中型)の脆弱性

2限目 ”風水害のメカニズムとその対応” 神戸地方気象台土砂災害気象官 木守 周史氏

神戸地方気象台はHAT神戸横(職員33名で全ての業務管轄)

☆最近の主な風水害
23.8.台風12号 紀伊半島大水害
24.7 九州北部豪雨
25.9 台風18号 京都府福地山師
25.10 台風26号 伊豆大島土砂
26.8 広島市土砂災害
27.9 東北豪雨
など これら記録的な豪雨発生


2015-12-12 12.39.03_r.jpg


風水害の種類
☆風水害の明確な定義はない
・大雨、大水による災害
・水害、土砂災害、風害、高潮、高波による被害
・強風と大雨及び高潮、波浪が複合して起きる災害の総称

気象災害調査指針(気象庁部内の指針)による分類
雨による災害:山崩れ害、土石流害、地すべり害、浸水害、洪水害、強雨害
風による災害:強風害、竜巻害
高波による災害:沿岸波浪害、海上波浪害
高潮による害:浸水(海水)害

大雨による災害
土砂災害(土石流)、浸水害(内水氾濫)、洪水害(外水氾濫

土砂災害の種類
土石流:山や谷の土砂や岩石が長雨や集中豪雨によって一気に流される
地すべり:大雨により水を含みにくい粘土層の上にたまり地層が押し上げられ浮いたなって地面がゆっくり動く
崖崩れ:雨や自身で土の抵抗力が弱まり、急激に斜面が滑り落ちること

水害の種類

外水氾濫:河川の堤防から水が溢れたり(超流)、堤防が壊れる(破堤)することにより河川周辺の家屋や田畑に浸水すること(いわゆる洪水)
内水氾濫:大雨により側溝や下水道があふれて家屋や田畑に浸水すること(アンダーパス(高架下)や地下空間への浸水も内水氾濫)

※日本の河川の特徴 短くて勾配があるものが多い。
 
台風とは 熱帯の海上で発生する低気圧(熱帯低気圧)のうち、北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均風速)がおよそ17m/s以上のもの

台風の強さ
      (最大風速)
強い     33m/s(64ノット)以上〜44m/s(85ノット)未満
非常に強い  44m/s(85ノット)以上〜54m/s(105ノット)未満
猛烈な    54m/s(105ノット)以上

台風の大きさ
           (風速15m/s以上の半径)
大型(大きい)     500km以上〜800km未満
超大型(非常に大きい) 800km以上

風速30m/s以上 :走行中のトラックが横転する、何かにつかまっていないと立ってられない
風速35m/s以上 :多くの樹木が倒れる、電柱や街灯が倒れるものがある
風速40m/s以上 :住家で倒壊するものがある、鉄筋構造物で変形するものがある

台風による災害
高潮、高波、竜巻、暴風、うねり、落雷、湿った空気による集中豪雨、広範囲の大雨

台風の進路と風向き、風速
台風の進路に向かって非常に強い風と雨。主に東側。 西側でも、安心してはならない

積乱雲(入道雲)とは
積乱雲は、強い上昇気流によって鉛直方向に著しく発達した雲です。
雲の高さは10キロメートルを超え、時には対流圏界面まで達することもあります。
一つの積乱雲の水平方向の広がりは数キロ〜十数キロメートルです。
一つの積乱雲がもたらす現象は、30分〜1時間程度で局地的な範囲に限られます

積乱雲は、「大気の状態が不安定」な気象条件で発生しやすくなります。
「大気の状態が不安定」とは、上空に冷たい空気があり、地上には温められた空気の層がある状態です。
温かい空気は上へと昇り、冷たい空気は下へと降りようとするため対流が起きやすくなります。
地上付近の空気が湿っているときは、さらに大気の状態が不安定となり、積乱雲が発達しやすくなります。

積乱雲がもたらす激しい現象
急な強い雨
(河川の急な増水、アンダーパスの水没、地下施設への流水など)
竜巻・突風
(建物の倒壊、屋根瓦の飛散、飛来物の激突、電柱・樹木の倒壊、テント等の飛散など)
落雷
(落雷(直撃雷)、側撃雷(木の幹や枝からの放電)など)

積乱雲が近づいてきた要注意!
危険な場所:川のそば、広いグランド、木のそば等
安全な場所:丈夫な建物の中(ただし窓のそばには近づかない)・近くに建物がない場合は車の中へ避難

大雨に関する情報、段階的
2日前、大雨に関する気象情報︎今後注意する
半日前、注意報、警報
(数年に一度、記録的短時間大雨警報)

警報・注意報は種類、地域別にそれぞれに基準値が定められている

大雨には2種類の警報
土砂災害(土壌雨量指数)、浸水害(1時間雨量・3時間雨量)

1日の時間細分図
0時〜3時 未明
3時〜6時 明け方
6時〜9時 朝
9時〜12時 昼前
12時〜15時 昼過ぎ
15時〜18時 夕方
18時〜21時 夜のはじめ頃
21時〜24時 夜遅く

記録的短時間大雨情報
大雨警報発表時に数年に1度の猛烈な雨を観測、解析した場合に発表
(1時間に110ミリ以上(南部)、100ミリ以上(北部)

竜巻・落雷・急な大雨から身を守るためには
☆天気予報のチェック、雨雲の様子、竜巻注意情報の有無、ソラの様子に注意をはらう(→早目の避難)

防災情報の伝達と入手手段
ラジオ、テレビ、携帯電話などインターネット

市町村経由の伝達
防災行政無線、広報車、登録メール

※自分の地域で起こりうる災害を事前に把握しておく事が大切

3限目 ”東日本大震災からの復興状況” 関西大学社会安全学部准教授 越山 健治氏

東日本大震災の被害:地震の揺れによる被害
☆広域に強く長く揺れることがいかに現代日本を混乱させるか
・離れた場所での長周期地震動による建物被害
・広域の通信・電気ネットワーク障害
・強い揺れによる交通障害

今の世代がしなければならないこと
・明治維新世代
・戦争経験世代
・現代災害世代(20世紀後半から日本では大災害・大事故が頻発)
1985年:日航機墜落事故
1995年:阪神淡路大震災
1995年:オウム真理教事件
2000年:(ニューヨーク同時多発テロ)
2004年:新潟県中越地震
2005年:(ニューオーリンズ大水害)
2006年:JR福知山線脱線事故
2011年:東日本大震災
☆この経験を次の世代に引き継いていかなければいけない(貴重な体験)

東日本大震災の被害:津波被害
・100年に1度の津波被害がある地域
・1000年以上前に大津波が襲ってきた事実
・現代社会沿岸部を襲った大津波の被害
東日本大震災の被害:原発被害
対応することに重きを置かない危機対応力の欠如
・あくまでも制御されていることが前提の対応計画
・地震災害と原子力災害の複合性
・見えない危険性、情報による避難

復旧・復興への長いみちのり
・今回の震災の本質的な意味”安全な地域社会を取り戻す過程に存在”
被害を受けたところが”何を”行い、周囲が”何を”支援し、みんなが”何を”学び、次につなげるか?

東北大災害が現代人に問いかけるもの
・被害を防ぐという意味が問われる
(想定、予測するのはあくまでも対策量を決める1つの基準・制御可能な場合とそうでない場合がある)
基準とは?(想定外をうむ)
・安全、安心のゆらぎ
(安心とは己への過信と他者への依存・安全は常に変化し続ける)
自分がやるから不安になる、安心したらダメ。不安があるから安心があがる
・東北の話なのか?日本の話なのか?
(地域社会と自然との関係を問いなおす、現代社会と技術との関係を問いなおす)

都市・地域復興の役割
・被災回復の役割(被災者・被災地域の再建、回復に寄与する)
・都市防災の役割(災害対策を行い、二度と同じ被害を受けないまちをつくる)
・理想追求の役割(これまでの状況を見直し、新しい環境に必要とされる空間、生活、住まい方を目指す)
この3つの軸が対立概念となってくる傾向がある

復興まちづくりでまず決めること
・津波、原子力被災リスクをどのレベルで受け入れるか?そのための合意形成が必要。
・地域の土地利用状況が決まらない限り、ここの住宅再建方法のメニュー化ができない状況にある

阪神淡路大震災の地域再建と決定的に異なる点
・津波被害では経済活動可能世帯が多い
・住宅所有層がほとんど戸建て。持ち家再建指向

住まいの再建と地域再建の関係性
1、住まいの再建はここの諸要素で決定し、その要素の1つとして地域がある(ここの再建に中心をおく)
2、地域の再建を構成する要素として、居住者のすまい再建があり、住宅は計画の一要素である(地域の再建を中心におく)


2015-12-12 14.47.52_r.jpg


事業手法の提示
・防災集団移転促進事業(制度拡充)
☆災害が発生した地域または災害危険区域のうち、住民が居住に適当でないと認められる区域内にある居住の集団移転を促進するための事業
・土地区画整理事業(制度拡充)
☆公共用地と宅地を一体化・総合的に整備する手法。主に都市地域の整備手法
・津波復興拠点整備事業(新設)
☆激甚災害の一体型市街地整備の手法

復興まちづくりの現状
・復興計画が策定され、具体的な計画実施へ
地区単位でのマスタープランの作成・事業開始
☆今上がってきている諸課題
・自治体職員の不足(資源・知識)
・専門家の不足
・行政の方向性と住民の意思との乖離
・住民間の再建方向性の違い(世代間)
・土木建設業者の不足・価格高騰
・責任不在の安全レベルの設定
など

復興する地域において(ガイドライン9

・旧居住者にとっての復興になる
・”魅力”なくして持続可能性はない
・防災文化を空間に埋め込む
・景観は付け足しではない
→空間の創造をどこまでできるか?

復興できる社会とは
・相当な力をもった社会である
被災地域だけではなく被災地外も含めた力
(創出するためには多数の日常が必要)
新たな挑戦と失敗に寛容な力
(復旧・支援からの脱却、チャレンジできる状況)
転換の勇気と次世代への道筋をつける力
(被災で明らかになった課題に向き合う、恩恵を受けるのは次の世代という道筋)

東北の復興は日本の課題でありみんなの取組である

復興とは新たな価値観での創出
・東北でみられる新たな価値観
6次産業化、若者が起こす産業・雇用、観光産業の再構築


今回も盛りだくさんに学びました。
繰り返し聞くことで知識をしっかりと身につけたいと思いました。

次回は年明け1月9日(土)ですが、
私は伊丹市の出初式に出席なので講座は欠席。
資料等をもらったらまたアップします。




posted by tyaki at 15:54| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

島音クリスマスライブ

この土曜日はworkgroupのクリスマスライブ!!


12321494_1230033630345283_6400031676064780636_n_r.jpg



いつもなにかしらのライブを開いているタイヨー珈琲さんであります。
タイヨー珈琲






是非聞きに来てください。
2015年12月12日(土)
18:30〜
タイヨー珈琲
(淡路市志筑新島10-46)

出演者
18:30 umi※umi(ウクレレ)
19:00 ホワイトリボン(子供ダンス・ドラム・ボーカル)
19:30 森 大地(ボーカルギター)
20:00 workgroup(ボーカルピアノ)
20:30 打越元久(ボーカルギター)
21:00 seiko&massan(ディオボーカルギター)
21:30 フリーセッション


posted by tyaki at 14:56| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

吹上の森 



SAVVY(サヴィ) 2016年 01 月号 [雑誌]

京阪神エルマガジン社 (2015-11-21)



で見つけた素敵なカフェ
”吹上の森”
ナビでセット。。
ゴルフ場の近くを進み山の森の方に進んでいくと駐車場(10台)があり降りてみると。。


2015-11-30 12.05.06_r.jpg


森の中に行く小道が。。


2015-11-30 12.05.46_r.jpg


冬晴れ?の温かい日でした。
落ち葉が私の大好きな焼き芋を連想されてくれます(笑)


奥の方に進むと一軒家が見えてきました。


2015-11-30 12.05.52_r.jpg


別荘のような建物で石段をあがり旧家のような玄関の戸を引くと。。
「いらっしゃいませ〜」の声が奥から聞こえてきました。


2015-11-30 12.07.03_r.jpg


中に入ると広敷のような大きな和室に色々なイスが。。(笑)
座り心地のいいソファを探してほっと一息。
注文した後散策(笑)


2015-11-30 12.12.09_r.jpg


昔の黒電話!
珈琲グッズもインテリアに。。


2015-11-30 12.12.31_r.jpg


奥には貸切も出来そうな別室が。。


2015-11-30 12.12.43_r.jpg


窓越えにみる紅葉


2015-11-30 12.13.18_r.jpg


美味しいランチの後のスイーツは大好きな栗の入ったデザート(笑)


2015-11-30 12.43.22_r.jpg


のんびりと出来る空間と居心地のいいおうち。
まるで夢見るおうちカフェのような場所でした。

平日もなにかとバタバタ過ごしてて、今年は紅葉を見に行けないなぁと思ってたら隔週に行ってる防災リーダー講座の道中は中国道と山陽道を通るので山間の紅葉もしっかりと見れました!

そして友達からのお誘い!!
私も友達も同じ場所に行きたがってたみたい(笑)

紅葉と旧家
素敵ですよね。。。

クリスマスシーズンだけどなかなかクリスマスシーズンを楽しむ間がない(笑)
玄関にはクリスマスグッズを出したけど写真はまだ・・(^^;;

気合の入る冬季訓練が終わり、明日からはちょっとのんびり出来そうかなぁ。。(笑)
淡路にも帰るしなぁ。。o(^o^)o

週末は楽しみのworkgroupのクリスマスライブもあるのでめっちゃ楽しみ♪♪

今日も充実!!


xmascandy_line1.gif

posted by tyaki at 19:25| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防災リーダー講座5回目

今回は”避難誘導に係る対応及び避難所運営について”の講義と、”避難所運営ワークショップゲーム(HUG)(水害編)”を学んできました。

☆避難誘導にに係る対応
1,市町村が出す避難情報
避難準備情報→避難勧告(災害対策基本法第60条→避難を勧める(従わない人への強制力なし(罰則規定なし))
→避難指示(災害対策基本法第60条→避難を勧告よりも強く勧める(従わない人への強制力なし(罰則規定なし)
→警戒区域の設定

警戒区域の設定の内容
・実施内容・・・災害による危機がすぐそこに迫っている場合
・根拠法・・・災害対策基本法第63条(→立ち入り禁止区域設定)
                 (→区域内者には区域外に退去命令)
・実施権限・・・市町村長や権限を委任された市町村職員
・罰則規定・・・10万円以下の罰金または拘留
・警戒区域設定時の入域・・・災害応急対策従事者に限定

2,避難に係る対応事例
平成21年台風9号被害(兵庫県佐用町水害)
平成26年8月広島土砂災害

◎避難判断水位到達(はん濫警戒情報)この時点で避難勧告がある

※避難所開設・運営
避難所とは?
被災者が次の住居が見つかるまでの間、生活を営むための施設
被災者にとって生活再建のスタート地点となる場所
避難所として指定されている施設は、学校・公民館が多い

避難所に入る人はどのような人?
根拠法:災害救助法
@災害によって被害を受けた人
・住家が被害を受け、居住の場所を失った人
・被害を受けた人(来訪、通行人等を含む)
A災害によって被害を受けるおそれがある人
・避難勧告の対象となる人
・避難勧告は発せられていないが、緊急に避難する必要のある人
※災害対策基本法の改正により、第86条6項で、避難所における生活環境の整備が追加

避難所運営の手順

入居直前
(解錠)・施設の点検→運営リーダーの決定→使用可能空間の調査・使用計画の作成→入居時の留意事項作成

・無秩序な立入りを防止するために
☆市職員(避難所派遣職員)が施設管理者の協力を得て開設する
☆職員が被災するなどし、間に合わない場合は、近隣住民(自主防災組織責任者)が解説する

・施設の点検を行う
☆避難所となる施設が必ずしも安全とは限らない!
☆避難してきた住民が入る前に施設点検を!
☆可能であれば、避難者・地域住民の中から”応急危険度判定士””建築士”の資格を有している人を募り点検を行う

・運営リーダーの決定
○避難所を立ち上げる際のリーダーが必要!(基本的には町内会長をリーダー(暫定)として選出
○避難所の運営業務はリーダーとの相談を通じて住民と調整を図る

・使用計画の作成
○避難所となる施設の全ての部屋を利用出来るとは限らない!
・居室として活用できそうな部屋はどこ?
・居室として使いにくい部屋・危険性が潜む部屋はどこ?
・医療救護室、災害時要援護者のための部屋、物資置き場など、みんなで協力して使うべき部屋は?
○危険な箇所には、テープ等で立入り禁止を伝える!

・避難所外の避難所に注意!
車やテントで生活する人もなかにはいる                             

入居時・入居直後
入居→避難者名簿の作成→避難所運営組織づくり→生活ルールづくり

・名簿作り
・避難所運営組織づくり
”対策本部(本部長・副本部長)
班長((総務班(運営本部会議の事務局、記録、地域との連携、ボランティア受け入れと管理、その他)被災者管理班(名簿管理、問い合わせへの対応、取材への対応、郵便物と宅配物の取次)情報班(被災者外情報収集、避難所外向けの情報発信、避難所内向けの情報発信)食料・物資班(食品と物資の調達、受け入れ、管理、配給、炊き出し)施設管理班(危険箇所対応・防犯と治安)保健・衛生班(衛生管理、ゴミ、風呂、トイレ、掃除、ペット、医療、介護活動)
組長 1組 2組 3組 4組 等

・食事は?
○健康維持のためにきわめて大切
○行政が無償で提供する
○阪神淡路大震災の時の食事代:180億(1億/1日)
○根拠法:災害救助法
○被災地内の調達はきわめて困難

・福祉避難所とは?
○避難所での生活に特別な配慮を必要とする人のための避難所
○対象者:高齢者・障害者・妊産婦・乳幼児・病弱者など
○どのような施設?
老人福祉センター、養護学校等社会福祉施設、地域交流スペースを有する施設、一般避難所への併設も可。
これらの施設が不足する場合は、公的宿泊施設、ホテル、旅館等でも可。

・女性や子育てのニーズ
1,避難所での提供する物資に含めるもの(おむつ・粉ミルク・哺乳瓶・離乳食・生理用品等
2、女性や子育てに配慮した避難所の設計(プライバシーを確保出来る仕切りの工夫、男性の目の気にならない更衣室・授乳室、安全な男女別トイレ、乳幼児の対応
3、女性のニーズ等を反映した避難所の運営体制等
4、女性に対する暴力を防ぐための措置
5、妊婦等への配慮

・災害関連死とは
○避難所生活における持病の悪化やストレスなどの間接的な原因による死亡(高齢者や障害者に被災例が多い)
○医療・救護活動における過労による死亡
○車中泊で発症したエコノミー症候群による死亡
○復旧作業による過労がもとになった死亡

・災害関連死の防止策
とにかくトイレの心配をなくし、安心して水が飲めるようにする(水はタンも軟化させる)
(脱水→血がドロドロ)
1、断水時の水洗トイレの使い方
○紙・分離式方法(紙はゴミ箱に入れる・バケツの水で流す)
2、普段からの準備
○避難所に簡易トイレ、大人用おむつなどを用意しておく

日頃から行うべきこと

◎事前の運営計画作成・訓練
@避難所運営組織
A学校等避難所施設の使い方
B避難所生活ルール

☆計画に基づいて訓練を実施する

避難所運営ゲーム(HUG)
☆避難所運営を模擬的に体験することで防災意識を高め、実際の避難所運営方法の検討にもつながりやすい手法

H:hinanzyo(避難所)
U: unei(運営)
G: game(ゲーム)

意味は抱きしめる

◎避難者の年齢、性別、国籍やそれぞれが抱える事情を書かれたカードを避難所に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬的に体験する

☆水害バーションの特徴
・水害時の時々刻々と変化する状況を盛り込んだ
・インターネットによる気象情報の入手のしかたを紹介
・避難中の二次災害の危険性を考える
・避難行動を取るかどうかの判断の難しさを考える
・垂直避難(2階への移動)等を考える
・特別警報に対応
・避難者から得た最新情報の災害対策本部への伝達を促す


午後の3時間を使って実際にHUGをしました。
とても難しかったし判断をする人が居ないと次から次へとくる情報の整理が追いつかなくなる

何度も何度も訓練をする必要があると思いました。


2015-12-05 11.04.26_r.jpg


2015-12-05 14.37.59_r.jpg



今日は消防冬季訓練で来月1月9日にある出初め式の練習をしました。
9日は昆陽池で出初め式があります。

また1月24日は伊丹市全体での防災訓練があります。


2015-11-28 12.30.20_r.jpg


2015-11-28 12.30.23_r.jpg


この日はヘリコプターも来るそうです。
どんな訓練なのかはまだ私もわかっていません。。
大きな訓練になるようです。
皆さんも是非参加を!!


posted by tyaki at 18:56| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする